誰もが子供の頃に使ったランドセル!そんなランドセルの基礎を初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは、ランドセルのことに詳しくなれる情報についてご紹介しています。
日本人ならば誰でも子供の頃に使用していると思いますが、そんなこの商品の基礎的な情報を初心者にもわかりやすく解説しています。
最近はおしゃれアイテムとして販売されている商品が増えていることもこのサイトではご紹介していて、おしゃれな商品を買いたい人も参考にできます。
最近では機能的が優れた商品が販売されているという情報もご紹介しています。

誰もが子供の頃に使ったランドセル!そんなランドセルの基礎を初心者にも分かりやすく解説

ランドセルの初心者が商品を購入する時に知っておいた方が良いのは、ランドセルに関する基礎的なことです。
ランドセルの基本情報として必ず知っておかなければいけないことは、男の子用の商品と女の子用の商品があることです。
男の子と女の子では体格が違うので体に合うランドセルが異なることから、それぞれの体格に最適なランドセルが販売されています。
販売されている商品の中には、男の子でも女の子でも使用できるタイプのものもあります。

日本のランドセルはオランダからもたらされた

ランドセルといえば、日本の小学校に入学するほとんどの子供たちが購入し使用する通学用の鞄です。
そんな日本の文化に根付いた鞄ですが、実はオランダが起源なのはご存知でしょうか。
ランドセルの名前の語源は「ランセル」というオランダ語がなまったものであり、元々は軍隊で使用する用途で作られたものでした。
日本とは江戸時代の鎖国中にも貿易関係にあり、その関係は17世紀の頭までさかのぼることが出来ます。
このランセルが日本に入ってきたのは幕末のころで、兵士がリュックのように使用することが出来る布製の鞄として輸入されてきました。
明治になってからはこの軍隊で使われていたランセルにも革製のものが登場しました。
その当時の子供たちはといえば、まだ風呂敷に教科書を包んで登校していました。
明治20年頃になると、当時の内閣総理大臣が当時の皇太子が学習院の初等科への入学祝いとして革製で箱形の鞄を献上したことをきっかけに、都市部にいる富裕層の間では革製のランセルが使用されるようになっていきました。
これが今でいうランドセルの原型と呼ばれるものです。

もともとランドセルは軍隊で使われていた

ランドセルの発祥は、江戸時代(幕末)と言われています。
幕末に幕府が洋式の軍隊制度を導入し、物を運ぶときにオランダから輸入された布製の背のうを使用したのが起源とされます。
ランドセルという名前も、オランダ語呼称「ransel(ランセル)」が変化したものだとされています。
1877年(明治10年)に学習院が開校された当初は、子供たちの通学方法は、馬車で通学したり使用人に荷物を持たせて通学するなど様々でした。
しかし、1885年(明治18年)学習院は「教育の場は平等でなくてはならない」という理念のもと、「学用品は自分の手で持ってくる」ことを決め、馬車・人力車による通学を禁止しました。
このとき、学用品を入れたかばんを生徒が自分で持って登校するために採用されたのが、背中に担いで両手があくので安全で、持ち運びの利便性が良いとされた軍隊用の背のうでした。
1887年(明治20年)に、のちの大正天皇が学習院初等科にご入学されたときに、伊藤博文が箱型の通学かばんを献上し、それがきっかけで今のランドセルのような箱型が世間に広まったと言われています。

子供用のランドセルは学習院初等科が最初

ランドセルは、オランダから伝わったランセルという背負いカバンが元になっています。
西洋ではランセルは、軍隊で兵士が使用していたカバンであり、日本の軍隊でも使用されました。
ランセルを通学カバンとして使用したのは学習院初等科が始まりです。
当時の学習院に通う子どもの中は馬車を使用したり、荷物を使用人に荷物を持たせたり、通学時に自分で荷物を持つ習慣がない子どももいました。
そこで、教育の場での平等という理念の下に、学用品はカバンに入れて自分で持ってくるように定めたことがきっかけで、ランドセルが導入されるようになりました。
この使われていたのは、リュックサックのような形状の通学カバンです。
これが現在のような箱型のランドセルとなったのは、1887年のことです。
後の大正天皇である嘉仁親王が入学の際に、内閣総理大臣であった伊藤博文がお祝いとして箱型のランドセルを贈りました。
ここから箱型のデザインが広まるようになり、現在の形状へとつながっていきます。

子供によく見られるランドセル症候群とは?

近年、ランドセル症候群と呼ばれる不調を訴える子供が増えています。
これは、身体に合わないランドセルを背負うことで現れる心身の不調のことです。
具体的な症状としては、筋肉痛や肩こり、腰痛などが挙げられますが、小学生の3人に1人はこれらの症状に悩まされていると言われています。
加えて、筋肉痛などの肉体的な症状が現れることにより、徒歩での通学を苦痛に感じるようになるといった精神的な影響が出るケースも珍しくありません。
近年、小学生が通学時に持ち歩く荷物は、教科書の増量などによって重量化が進んでいます。
小学生が持ち歩く荷物の量は1年生で3.6kg、6年生になると5.4kgにもなりますが、荷物の重量化がランドセル症候群に悩む小学生が増えている要因のひとつだと言われています。
一方で、重い荷物は背中側に密着させることで軽く感じさせることができるため、ランドセルの背面が背中に密着するように成長に合わせて肩ベルトを調節しておくことが大切です。
また、チェストストラップを活用して、身体にかかる負荷を分散させるのも効果的です。

ランドセルに関する情報サイト
ランドセルの情報サイト

このサイトでは、ランドセルのことに詳しくなれる情報についてご紹介しています。日本人ならば誰でも子供の頃に使用していると思いますが、そんなこの商品の基礎的な情報を初心者にもわかりやすく解説しています。最近はおしゃれアイテムとして販売されている商品が増えていることもこのサイトではご紹介していて、おしゃれな商品を買いたい人も参考にできます。最近では機能的が優れた商品が販売されているという情報もご紹介しています。

Search